2005年07月16日

Blackout@campus

最近の天気予報を見る限り、一週間先まで雷/雨。

それでも昨日までは雷はいつも夜半過ぎにきて問題はなかったのに・・・。
先ほど20分ほど前、キャンパス全ての電気系統が全て機能しなくなり、停電状態が20分。
しかしラップトップってこういう時は助かるもんだな、と。
ドキュメント作成中で保存してなかったけど、いやいや、デスクトップでやってなくて本当
に良かった良かった。

しかし相変わらず激しく降る雨・・・。
傘持ってるけど吹き飛ばされそうで、降り止むことのなさそうな豪雨。。
おかげさまで本日のYMCA見学は中止となる予感。

雨よー、早くやんでくれーーー。と切に願っている状態・・・。
posted by yasu at 05:54| ワシントンDC ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | バイト@Campus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

退屈・・・


arlington%20title.jpg


うーん、人が来ない日は暇で死にそうになる。
明日金曜日は更に人が来ない。
でもま、これで夏の飛行機代往復と生活費の足しになってると考えれば儲けものか。
本日はボスがすでに帰宅し、後ろに圧力を感じずにリラックスしてネットをやれてます。
このバイトを始めて覚えた言葉があるのですが、それは、
"All the way, keep going straight down the hall"という言葉。
「この先を真っ直ぐ行った突き当たりになります。」という意味。
まぁトイレどこですかと聞かれると反射的にこの言葉が出るわけだけど、こういった言葉って機会がないと絶対覚えない言い回しだろうな、と思ったのでした。

ま、単に自分の英語力が足りないというところには突っ込まないで下さい・・・。
このバイトは今のところ夏の間だけ(日本への一時帰国の直前の7月29日まで)にしようと
思っているけど、この約三ヶ月間でうちの大学自身のことを大分しれた気がする。
公立大学のシステム、ProvostとStakeholderの関係、GMU Foundationコミュニティーの存在。
日本の大学でも働いたことはなかったので、大学で働くというのはこんなにも大学を知る
チャンスが大きなものとは知らなかった。

正直、中大には正味3年しか(3年次は留学していたので)いなかったから何だか記憶が・・・。
それでは本日も何事もなく後10分で自分のシフトは終了〜。
posted by yasu at 05:52| ワシントンDC ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイト@Campus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

文明の力…

エアコン故障が朝から続き、お昼の3時になっても故障が直らない。

今日はアーリントンキャンパスでは夏セメスターのBセッションのスタート日。
ここのキャンパスではBセッションが夏セメの間提供される唯一のセッション。
そんな授業開始日と重なってエアコンが故障。
朝からこの件でクレームに来る人が、教授と生徒と後を絶たない…。
すでに開き直り、苦情にきても、「朝から担当のものに電話してるんです。この建物はどこも
かしこも暑いんです。ごめんなさいね。」っていうと皆諦めて去っていく。

こちとら暑くて電話の問い合わせも秒殺で終わらせてしまうほどイライラしている。
School of Public Policyの赤いレンガ作りのOriginal Buildingはその名の通り、ここでは
一番古い。もちろん設備も一番古い。エスカレーターもしょっちゅう故障する。
冬場の間にはスチーム・ヒーターの音がカンカン激しくなる時もあり本当にイライラした。
そして夏になったら今度はエアコン故障かよ…。そして直す気あんのかね…。
いつもはガンガンに冷えてる建物だから今日こそはと思い、上着の長袖シャツを初めて持参。
そして天気予報によると雨。しかし雲行きは悪くなるどころかカンカンに日が照っている。
傘・上着を持ってきた日に限ってこんなんなるとはね。運が悪いというか。

今日は夜からクラスがあるから本を読んでいたけどあまりの暑さに頭がボーっとして一章読む
のがやっと。。暑すぎる。。。お隣のLaw School Buildingは空調は全く問題ないとのこと。

今、このキャンパスの駐車場の横でSchool of Public Policyのために建物を建ててる最中だけ
ど、それが完成するのは来年の7月。もういないよ…。この古い建物に最後までいるのか。。
中大に行っていた時も、卒業式の時にモノレールの駅からのペデストリアンデッキが完成して
いて、新たにオシャレなカフェテリアもできて、サークル棟(別にサークル入ってなかった)
も新しくなって、文学部棟もガラス張りの素敵な建物になって。いつもこうなんだよね。
俺が卒業すると建物が新しくなる。丁度節目の古い時にいるんだよなぁ。。
ついていないというか何というか。暑いということを訴えたかっただけ…。
posted by yasu at 04:30| ワシントンDC ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | バイト@Campus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

徐々に・・・

先週の16日、月曜日からバイト研修が始まって、ここ二、三日は研修からOJTへと。

大分慣れてきたとは思うけど、まだパニックになってしまうこともしばしば。

Directoryの使い方というか検索ツールをうまく使いこなしていなかったことが原因かな、と。

何かを探している時、そしてそれが急を要する時、人間は必然的にイライラする。

その何かの名称が分からなければ特に。もうイライラは頂点。

日本でも米国でも、そんなカスタマー心理は一緒なんだなぁと思う今日この頃。

でも最近、やっとなんとか電話でのリスニングも慣れてきて少しずつこなせている。

しかし、今週の頭はしんどかった。

丁度23日からGWUで授業が開始した時から、バイトも研修からOJTへと切り替わると言う、二重

のTaskが課され、しかもGWUでも町中のキャンパスだから余計おろおろしてしまうし。

そしてテキストを買いに朝早くGWUへ行って、すぐにGMUに戻って夜7時までバイトとか。

Computer Labのアクセス申請をしにいって、すぐGMUに戻るとか。

そして早速クラスでは宿題だされるし。

と、いっぺんに新しいことが重なると人間の疲労は結構重たくのしかかると思う。

この三日間で一番しんどかったのは、睡眠を取っても全く疲れが取れなかったこと。

こんなことは初めてだなぁ。やっぱりバイトのはじめの緊張がいくらか残ってるんだろうなぁ。

続きを読む
posted by yasu at 09:41| ワシントンDC ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイト@Campus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

GMU Arlington Campus

バイト4日目。研修は暇そのもの。でもバイト仲間と話すのが唯一の楽しみ。

このバイトを通してGMUの組織構成がかなりはっきり分かってきた気がする。

誰がStakeholderでどういう意思決定の元どういった判断が下されるのか。

そういった一連の流れを理解するのはなんだか新鮮。

そもそもGMUとは微妙な生い立ちらしいし。

County/Government/GMU Foundation/Puclicの出資の元に建てられた地域密着型大学。

なので図書館は公立図書館と一緒で全ての人に開放されている。

現在、Arlington Campusは再開発中。お隣のFederal Deposit Insurance Corpも再開発中。

このキャンパスのPhaseはまだ2の段階らしい。今建設中の建物は2006年7月に完成予定。

一応、来年の5月に卒業を予定しているので見れるかどうか分からないんだけど・・・。

__________

今日の研修中にTrueland Buildingというところに連れてかれてそこでノーベル経済学受賞者

Vernon Smithを発見。タイピングしている姿は普通そのもの。残念ながらBucchananを見る事

はできず。彼はもうGMUで教鞭を取っていないのか不明です。Vernon氏は教えてるっぽい。

今日の目新しいことはこれぐらいでしょうか。

明日はGWUのSchool of ManagementがあるLisner Hallに行く予定。

来週から授業なのに未だにOnlineにシラバスを載せていないってどういう事?

とりあえず明日取りに行くアポは取ってあるのでバイト終わり次第ゲットしに参る予定。

来週からまた授業だぁ。。頑張るぞっと。
posted by yasu at 11:42| ワシントンDC 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイト@Campus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

やっとSSN

昨日、やっと、やっとSocial Security Numberの申請が完了し、二週間以内に届けられる事に。

前回SSN Officeに行った時は仕事開始日が過ぎてからと二時間半待った挙句に門前払い。

OIPS(インターナショナル学生用オフィス)によるとこのルールはしょっちゅう変わるらしく

自分としてはどっちが正しいのか分からないので、とりあえず取れればOKでしょう、と。

SSNとは社会保障番号。日本でも住民基本台帳ネットで今後こういった番号に日本人も馴染み

がでてくるのではないかと思われます。

米国でSSNがないと、(1)クレジットカード(デビットも含む)(2)銀行のOnline Banking

(3)その他諸々、のところでSSN所持者と差別化が図られているのが現状かなぁ。

まぁやっとこのSSNがもらえそうなので、バイトをやるのにも一安心。

本日バイト二日目。

特に目新しいこともなかったといえばそうなんだけど、カスタマー倫理みたいな本を読まさ

られることに。その中で一番印象に残っているのが、

Choose Your Attitude

毎日、Daily Check Listの項目に自分のその日の「態度」を書き記す、と。

「明るく元気に」「誠実に」「間違いのないよう」「常に問い合わせを真摯に受け止める」等

の言葉を選択する形式らしい。

ホテルのフロントで一年バイトをやり、電話カスタマーサポートを一年派遣でやってるから

そんなに大変だと思わないんだけど、まぁこれからどうなるかは始まらないと分からない。

忙しくはならないらしいから心配はしてないんですけどね。
posted by yasu at 10:01| ワシントンDC ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | バイト@Campus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

バイト研修初日

バイト初日。といっても大したこともせず、規則を叩き込まれた4時間。

うちのSVがやたらと話し好きで、一旦喋り始めるともう機関車のごとく止まらない。

今週末に結婚式をあげて、翌週から二週間バンクーバーへハネムーンと。

そんなにのろけたいのですか・・・。というか何歳なんだろう、あの人。再婚かな。

フィアンセの方(おっさん)の写真まで見せていただいて。

って研修してくれよ!

夏のシフトは基本的に、自分・エミン(アゼルバイジャン出身)・ベン(ガーナ出身)で回す

ことになりそうで。自分は2階の大学の顔となる花形オフィスでなく、一階のちょっとやそっと

では誰にも気付かれないようなところのOffice。かなりラッキー。

二階の受付は常に誰かに見られているみたいで落ち着かないなぁ、と思ってたから良かった。

うちのOfficeのチーム名はInformation Service。ま、対面カスタマーってやつですかね。

こちらの面白いDress Codeを載せてみます。



Dress Codeとは
posted by yasu at 13:44| ワシントンDC ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | バイト@Campus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。