2006年06月09日

Convocation

大変遅れましたがConvocationの一部の写真をアップします。

kingsley.jpg  convocation.jpg
左の写真はKingsley学部長。右の写真はステージ全体です。

Convocationは5月19日(金)の夜7時からでした。
卒業するという実感が全くなかったのに、壇上に上がりDean(Dr. Dinan)と握手し、学部長と握手をしてからなんかジーンときました。

学部時代とは全くの畑違いの勉強を院から始めたにも拘らず、それでも興味があり熱心な姿勢を常に保てたせいかこうやって修士号を取得することができたのかもしれません。

7月3日からは社会人として勤務開始なわけですが、学び続けたいという意欲は前にも増して強くなっています。「慣れる」という言葉が嫌いな性分なため、ルーチンワークは苦痛以外の何ものでもなく、常に何かに挑戦し続けていきたいと思っています。

2004年夏から大学院留学開始とともにブログを始め、2006年春に卒業するまでの間、このブログを訪れて下さったたくさんの方々に感謝をしております。
今後ともどのような形になるかは分かりませんが、一度築いたネットワークを大切にしてゆきたいと思っていますので、どうぞ宜しくお願い致します。
posted by yasu at 11:53| ワシントンDC ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 思ってる・考えてる事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。