2006年01月21日

Hotel Rwanda遂に!

遂に、昨年から注目し続けていたHotel Rwandaが日本で上映公開にこぎつけたそうです!

【日本語版公式サイト】http://www.hotelrwanda.jp/
【英語版公式サイト】http://www.hotelrwanda.com/

昨年の1月にこの映画をこちらアメリカにて鑑賞しましたが、この映画を日本では「問題作」と捉え、エンターテイメント的ではないので上映しないということでした。

がしかし、日本でこの映画を上映させるために署名活動等を続けた方々の努力が結実し、この1月下旬から続々と公開が始まるそうです。

ちなみに上映される映画館は、
シアターN渋谷、川崎チネチッタ、立川シネマシティが今のところ決まっているそうです。

日本の著名人・有名人のコメント。

大好きなアフリカに太陽の光が戻るまで私は決してこの涙を忘れない。
加藤登紀子さん(歌手)

絶望的な出来事が起こっても、けっしてあきらめることなく
機知に富んだ対応が本能的にたたき込まれている。
この主人公の芯の部分にある揺るぐことのない人間の力に驚かされました。
中井美穂さん(キャスター)

あらゆるニュース映像にもまさる臨場感に、ただただ圧倒された。
鳥越俊太郎さん(ジャーナリスト)

欧米が見捨てた場所で、欧米が撒いた紛争の種を愚かな地元メディアが煽り、
本来の近隣同士が虐殺し合う。この愚はどこでも反復されうる。悲劇を回避したいなら映画を観よ。
宮台真司さん(社会学者)

posted by yasu at 02:57| ワシントンDC ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11998778
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

映画: HOTEL RWANDA
Excerpt: 実に、心を打たれる映画。 「感動もの」や「涙を誘う映画」と一言で終わらせられない。あまりにも内容が切実であり、この現実が日本を含めた西側諸国に正確に伝えられず、「石油」の無い場所を「価値なし」と認め..
Weblog: [K]こあら日記
Tracked: 2006-02-14 01:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。