2005年07月29日

鶏肉@米国

チキン。臆病者じゃなくて、鳥のチキン。
米国じゃー、チキンが安い安い。
ジューシーなチキンに出会ったことがない。
全部、なんか抜けてしまったような、パサパサしたものばかり。
まー、理由があったわけです。

先日、友人の彼氏のアントニオ氏から聞いた話を思い出し、昨日はそれも手伝って、
チキン・チーズ・サンドイッチを食べて食あたり。
幼き頃のケンタッキー・チキンを食べて吐いた記憶が蘇る。
自分の悪い性分なのか、肉類に限らず、食べる時に食べ物の原型を想像してしまう。
すると食欲が一気に落ちる。
これはどーしようもない気がするんだけどさ。

それでは米国の鶏肉の秘密を少しだけ。
鶏肉を米国内にておいしくいただきたいという人、絶対に読まないで下さい。
下のリンクをクリックして気分を悪くする可能性が高いです。
クリックは自己責任でお願いします。


鶏肉飼育の秘密(気分を害する可能性高いです)
posted by yasu at 23:33| ワシントンDC ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 思ってる・考えてる事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

レッカー移動

先日、いつも立ち寄る家の近所のClaredon Market Commonという広場でのこと。

「レッカー移動」の現場を初めて目撃することに。
日本でもみたことなく、ここアメリカで初めて見たわけで非常に興味深く観察。
平日でも賑わう場所で大衆の注目を浴びながら、ここぞとばかりに警察によるレッカー移動。
と思いきや、警察ではなく業者さん登場。
対象の車の車種はベンツSLシリーズ。もろ高級車丸出しという感じ。
いやがおうにも注目は高まり作業が進むにつれどんどん観衆が集まってくる。

作業が始まってから数分経った段階のこと。
どうやらうまく車をレッカー車に載せられないことが判明し、少し困っている様子。
というのも、車の前輪のタイヤが車体に並行でなく、
縦列駐車をする際にハンドルを切った状態のままで停車していたから。

下にスケボーみたいなものでも引けば簡単に入れられるんじゃないのかなぁ、と素人ながら
考えてみたんだけど、無理やり車体前部にある牽引用の箇所にロープを引っ掛けて、
必死に強引に引き上げようとする業者。

現場を仕切っている警察官に苛立ちと焦燥感が。
ロープで強引にタイヤの向きもなんのその、引っ張っているとそこで、

「パーン!」というロープが外れた音とともに一同溜息。

そしてしばらくするとレッカー移動がまだ終わっていないにも拘らず、警察は撤収。
残された業者二人組み。
さて、どうするのか、見ものだなと思いながら見つめていた。

この時点で最初に作業を開始してから50分以上が経過。
最後の手段なのか、ベンツの車体後部にレッカー車とは別の作業用の車で押し上げながら、
レッカー車に無理やり突っ込むもこれまた失敗。

何度も何度も失敗を繰り返しながら、レッカー車の台の両サイドにあるカバー部分に
ベンツのタイヤをめり込ませながらもう強引にロープで引っ張り後ろから構わずプッシュ。

そして遂に、遂にベンツがレッカー車の上に載った!

総合タイムはなんと1時間半!!運転手気付け!!
なんとも無様なレッカー移動だったので、非常に面白かった。
posted by yasu at 07:23| ワシントンDC ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 思ってる・考えてる事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

BCF 参加企業途中経過

Boston Career Forumに参加する企業が、7月22日時点で今のところ合計102社だそうです。

以下、アルファベット順に並んでいます。

Updateされた参加企業の確認はBCFのHPにてどうぞ。

アビームコンサルティング (ABeam Consulting LTD.)

アクセンチュア (ACCENTURE JAPAN LTD.)

アルファネット (ALPHA NET CO., LTD.)

アマゾン ジャパン (AMAZON JAPAN K.K.)

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, インク (日本支社)
(AMERICAN EXPRESS INTERNATIONAL, INC. (JAPAN))

あおぞら銀行 (AOZORA BANK, LTD.)

アーク (ARRK )

日本銀行 (BANK OF JAPAN)

ブルームバーグ (BLOOMBERG)

ボッシュ (BOSCH CORPORATION)

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン (BRITISH AMERICAN TOBACCO JAPAN, LTD.)

シティバンク、エヌ・エイ 在日支店 (CITIBANK, N.A. (JAPAN BRANCH))

シミック (CMIC CO., LTD.)

コムテック (COMTEC INC.)

クレディ・スイス・ファースト・ボストン (CREDIT SUISSE FIRST BOSTON)

ダイキン工業 (DAIKIN INDUSTRIES, LTD.)

大和証券SMBC (DAIWA SECURITIES SMBC CO., LTD.)

デロイト&トウシュ米国LLP 日系企業サービスグループ
(DELOITTE & TOUCHE USA LLP-JAPANESE SERVICES GROUP)

監査法人トーマツ 監査/FAS (DELOITTE TOUCHE TOHMATSU-AUDIT/FAS)

監査法人トーマツエンタープライズリスク サービス
(DELOITTE TOUCHE TOHMATSU-ENTERPRISE RISK SERVICES)

電通 (DENTSU INC.)

ドイツ銀行グループ (DEUTSCHE BANK GROUP)

ドコモ・テクノロジ (DoCoMo TECHNOLOGY, INC.)

ドレスナー・クラインオート・ワッサースタイン証券会社
(DRESDNER KLEINWORT WASSERSTEIN)

EF エデュケーション (EF EDUCATION)

日本イーライリリー (ELI LILLY JAPAN K.K.)

アーンストアンドヤング ジャパン (ERNST & YOUNG JAPAN)

アーンスト・アンド・ヤング (ERNST & YOUNG LLP)

フジシール (FUJI SEAL GROUP)

富士通 (FUJITSU LIMITED)

フルキャストテクノロジー (FULLCAST TECHNOLOGY CO., LTD.)

GE (GE)

グラクソ・スミスクライン (GLAXO SMITH KLINE K.K.)

グロービス (GLOBIS CORPORATION)

ゴールドマン・サックス (GOLDMAN SACHS)

博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ(HAKUHODO INC./HAKUHODO DY MEDIA PARTNERS INC.)

ハートフォード生命保険 (HARTFORD LIFE INSURANCE K.K.)

日立化成工業 (HITACHI CHEMICAL CO., LTD.)

日立製作所 (HITACHI, LTD.)

本田技研工業 (HONDA MOTOR CO., LTD.)

HOTTA LIESENBERG SAITO & CO. (HOTTA LIESENBERG SAITO & CO.)

インフォコム (INFOCOM CORPORATION)

国際金融公社 (INTERNATIONAL FINANCE CORPORATION)

伊藤忠テクノサイエンス(略称CTC) (ITOCHU TECHNO-SCIENCE CORPORATION)

日本ビジネスシステムズ (JAPAN BUSINESS SYSTEMS, INC.)

ジェーエムエーシステムズ (JMA SYSTEMS CORPORATION)

ジョンソン・エンド・ジョンソン (JOHNSON & JOHNSON FAMILY OF COMPANIES)

J.P.モルガン (JP MORGAN)

JSR (JSR CORPORATION)

ジュピターテレコム (JUPITER TELECOMMUNICATIONS CO., LTD.)

KPMG LLP (KPMG LLP)

L.E.K. / ACUMEN JAPAN, L.L.C. (L.E.K. / ACUMEN JAPAN, L.L.C.)

リーマン・ブラザーズ証券会社 (LEHMAN BROTHERS JAPAN INC.)

エルエヌジージャパン (LNG JAPAN CORPORATION)

マスミューチュアル・フィナンシャル・グループ (MASSACHUSETTS MUTUAL FINANCIAL GROUP)

松下電器産業 (MATSUSHITA ELECTRIC INDUSTRIAL CO., LTD.)

メリルリンチ日本証券 (MERRILL LYNCH JAPAN SECURITIES CO., LTD.)

マイクロソフト (MICROSOFT CO., LTD.)

三菱化学 (MITSUBISHI CHEMICAL CORPORATION)

三菱商事 (MITSUBISHI CORPORATION)

三菱ふそうトラック・バス (MITSUBISHI FUSO TRUCK & BUS CORPORATION)

三菱UFJ信託銀行 (MITSUBISHI UFJ TRUST AND BANKING CORPORATION)

みずほコーポレート銀行 (MIZUHO CORPORATE BANK, LTD.)

みずほ証券 (MIZUHO SECURITIES CO., LTD.)

モルガン・スタンレー証券会社 (MORGAN STANLEY JAPAN LIMITED)

NEC(日本電気) (NEC CORPORATION)

NECソフト (NEC SOFT, LTD.)

NECシステムテクノロジー (NEC SYSTEM TECHNOLOGIES, LTD.)

ネットマークス (NETMARKS INC.)

ネクステック (NEXTECH CORPORATION)

日興シティグループ証券 (NIKKO CITIGROUP LIMITED)

日興コーディアル証券 (NIKKO CORDIAL SECURITIES INC.)

日東電工 (NITTO DENKO CORPORATION)

野村アセットマネジメント (NOMURA ASSET MANAGEMENT CO., LTD.)

野村総合研究所 (NOMURA RESEARCH INSTITUTE)

野村證券 (NOMURA SECURITIES CO., LTD.)

新日鉄ソリューションズ (NS SOLUTIONS CORPORATION)

日本オラクル (ORACLE CORPORATION JAPAN)

オリエンタルモーター (ORIENTAL MOTOR CO., LTD.)

オリックス (ORIX CORPORATION)

大塚商会 (OTSUKA CORPORATION)

大塚製薬 (OTSUKA PHARMACEUTICAL CO., LTD.)

フィリップ モリス ジャパン (PHILIP MORRIS JAPAN K.K.)

フィリップス エレクトロニクス ジャパン (PHILIPS ELECTRONICS JAPAN)

プライスウォーターハウスクーパース (PricewaterhouseCoopers LLP)

サンデン (SANDEN CORPORATION)

扇港グループ (SENKO GROUP)

新生銀行 (SHINSEI BANK, LIMITED)

Spansion Japan (Spansion Japan LIMITED )

日本ストライカー (STRYKER JAPAN K.K.)

住友電工 (SUMITOMO ELECTRIC INDUSTRIES, LTD.)

サントリー (SUNTORY LIMITED)

太陽工業 (TAIYO KOGYO CORPORATION)

日本財団 (THE NIPPON FOUNDATION)

東京スター銀行 (THE TOKYO STAR BANK, LIMITED)

トーマツ コンサルティング (TOHMATSU CONSULTING CO., LTD.)

東京エレクトロン (TOKYO ELECTRON LTD.)

東芝 (TOSHIBA CORPORATION)

東陽 (TOYO CORPORATION)

UBS証券会社 (UBS SECURITIES JAPAN LTD.)

アルバック (ULVAC TECHNOLOGIES, INC.)

ユニデン (UNIDEN CORPORATION

posted by yasu at 11:32| ワシントンDC ☁| Comment(3) | TrackBack(3) | 仕事への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

就職活動

event_graphic01.jpg

遂に来てしまった〜。(いや、そこまで焦ってないけど)
最近は専ら色々と自分探しの旅(頭の中でぐーるぐる)へと出掛けることが多い。
そして10月21日から23日の間、米国はボストンのローガン空港近くのWTC(ワールド・トレード・センター)で開催されるボストン・キャリア・フォーラムの参加準備を開始。

ホテルは色々見たけど、Hotels.comが一番安いと思う。

飛行機の予約は色々と見たけどマイルを貯めたいのでUAを選ぶためにYahoo Travelsを選択。

他の格安飛行機チケットのエージェントとしては、
Discount Air-Fare.com(英語のみ)
Student Universe(英語のみ)
Airport Travel(日本語)
などがあるので、BCF参加予定の方、また格安航空券を買いたい人は参考にされると良いかと。

9月から10月にかけては多忙を極める毎日になりそうなので、今から出来ることは片付けねば。
あと、通年の企業へのアプライはいつ頃するのがいいのだろうか・・・。う〜む、迷いどころ。。
まだ時期尚早という感じもするけど、手遅れの時期になったらやばいしなぁ。。
ニートになる予定はありません(きっぱり)。
posted by yasu at 03:54| ワシントンDC ☀| Comment(23) | TrackBack(0) | 仕事への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

Blackout@campus

最近の天気予報を見る限り、一週間先まで雷/雨。

それでも昨日までは雷はいつも夜半過ぎにきて問題はなかったのに・・・。
先ほど20分ほど前、キャンパス全ての電気系統が全て機能しなくなり、停電状態が20分。
しかしラップトップってこういう時は助かるもんだな、と。
ドキュメント作成中で保存してなかったけど、いやいや、デスクトップでやってなくて本当
に良かった良かった。

しかし相変わらず激しく降る雨・・・。
傘持ってるけど吹き飛ばされそうで、降り止むことのなさそうな豪雨。。
おかげさまで本日のYMCA見学は中止となる予感。

雨よー、早くやんでくれーーー。と切に願っている状態・・・。
posted by yasu at 05:54| ワシントンDC ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | バイト@Campus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

地下室の冷房

ここのところまた体がだるい。だるさが抜けない。

というのも、自分の部屋が地下にあるというのは以前にも言ったとおりなんだけど、
エアコンがここんところ連日真夏日の暑さに比例するようにガンガンとかかり始め、
部屋の室温はおかげさまで急降下。
ハーフパンツ、半袖なんかで寝たら間違いなく次の日に朝くしゃみで起きる事、間違いない。

さて、朝は毎日普通の人がやるように自分も普通に目覚ましをかけている。
ちょっと違うのはラジオで起きること。
日本でもラジオを聴かない人間なんだけど、こういうの面白いなと思って購入したのが去年。
時々チャンネルを換えてみてただいまBBCに。
そして朝からなぜかイギリス英語のニュースを聴きながら起きるというわけ。
連日テロのニュースについて流れていてそれを寝ぼけながら10分ぐらい聞いてからいつも
起床するので、なぜかいつも起きた後は頭の回転がある程度早くなっている。
朝のちょっとした頭の体操にはいいかな、と。
クラシック音楽で起きるのも優雅だなって思ってずっと音楽にしてたけど、趣向を変えて少し

頭の体操。良いです。オススメです。
posted by yasu at 22:27| ワシントンDC ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 起こってる事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

Hotel Rwanda日本映画上映の危機

以前1月31日に自分自身でも映画のレビューを書いたホテル・ルワンダ。

先ほど、この映画の日本上映が危機に瀕している情報をキャッチ。
現在はmixiというネットワークコミュニティから広がった輪を使って署名活動を展開し、
上映公開を配給会社や製作元の会社と折衝している段階とのこと。

娯楽性の高いハリウッド映画を日本の主な映画館で流すことは即利益に繋がるでしょう。
しかし意義深い、真に見る価値のある映画が埋没するのをこのまま黙って見過ごすのは、この映画を鑑賞した人間としてできない。

日本にいる方はこの映画の存在すら知らない人がたくさんだと思う。
シンドラーのリストを思い出して欲しい。
あれを駄作と、見る価値のない映画だと言う人がいますか?いませんよね。
アフリカのルワンダで起きた多数派部族の少数派部族に対する大量虐殺を描いた映画。
史上最悪の部類に入る虐殺の一つでもある事件を元に映画化されたこの映画の日本公開を、
切に祈っています。
__________

詳細は下記ウェブサイトで確認を。
『ホテル・ルワンダ』日本公開を求める会
posted by yasu at 14:08| ワシントンDC ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

退屈・・・


arlington%20title.jpg


うーん、人が来ない日は暇で死にそうになる。
明日金曜日は更に人が来ない。
でもま、これで夏の飛行機代往復と生活費の足しになってると考えれば儲けものか。
本日はボスがすでに帰宅し、後ろに圧力を感じずにリラックスしてネットをやれてます。
このバイトを始めて覚えた言葉があるのですが、それは、
"All the way, keep going straight down the hall"という言葉。
「この先を真っ直ぐ行った突き当たりになります。」という意味。
まぁトイレどこですかと聞かれると反射的にこの言葉が出るわけだけど、こういった言葉って機会がないと絶対覚えない言い回しだろうな、と思ったのでした。

ま、単に自分の英語力が足りないというところには突っ込まないで下さい・・・。
このバイトは今のところ夏の間だけ(日本への一時帰国の直前の7月29日まで)にしようと
思っているけど、この約三ヶ月間でうちの大学自身のことを大分しれた気がする。
公立大学のシステム、ProvostとStakeholderの関係、GMU Foundationコミュニティーの存在。
日本の大学でも働いたことはなかったので、大学で働くというのはこんなにも大学を知る
チャンスが大きなものとは知らなかった。

正直、中大には正味3年しか(3年次は留学していたので)いなかったから何だか記憶が・・・。
それでは本日も何事もなく後10分で自分のシフトは終了〜。
posted by yasu at 05:52| ワシントンDC ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイト@Campus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

July 4th @ Fairfax

一昨日、7月4日にアメリカ独立記念日の日にパレードで撮影した写真です。


parade.jpg parade2.jpg

軍人さんとアメリカの旗模様のバルーン。

parade3.jpg parade4.jpg

ブラスバンド行進とハーレー軍団。

parade5.jpg parade6.jpg

フェアファックス市内にある高校の黒人の学生だけのブラスバンド(迫力満点)とRed Skins。

parade7.jpg parade8.jpg

退役軍人を祝福するための過去の戦跡ボードとフェアファックス市200周年祝バルーン。


このパレードを見ている最中に衝撃の人物がパレード内に混じっているのを発見。
古きよき昔のアメリカを思い起こさせる服装をしたおじさんの群れが来た時のこと。

「え?あれって、ジョンじゃねーか!ピーターセン教授だ!」と興奮してしまい、
肝心の写真を撮るのを忘れ爆笑してしまっていた・・・。
まさか自分の大学の教授がパレードにいるなんて思うわけも無く。。
__________

この当日は朝からVienna駅集合で長い一日で、最後の飲みが終わる頃には朦朧としていた。。
しかし楽しかったな〜。久しぶりのイベントですよ、イベント。
自分のカレンダーにはバイト予定と過ぎ去った日付の欄にスラッシュが入ってるぐらいです。
そんなストイックな生活の中での出来事なので突発的だった可能性もあるわけで。
この日初めて知ったことがあり、それは焼酎が二日酔いにならないという事実。
いつも二日酔いをしたくない時は酒やビール、カクテルを飲んだ後は家で2リットルの水を
寝る前に飲み干す習慣があります。これだけ水を飲むと本当に二日酔いにはならないんだけど
相当気合を入れないと噴出す可能性が高く、胃に若干負担はかかり、気合と根性が要求され、
飲むのを躊躇いがちになっていった矢先、こんな事実を知ってもーぅびつくり。
ご一緒していたMotokoさんが「絶対二日酔いにならない」と言っていて、またまた〜っと
思っていたら本当にならなかったです。信じてなくてすみません。

日本酒は酒癖が悪い、臭い、二日酔いが激しいと世間一般では不評でもあり、ビールといえば
ビール腹(これはビールのツマミによる太り方なのでビール腹とビールは無関係)を想像し、
でも焼酎って味に癖があるということしかなく、ストレートでも氷割りでも十分おいしく頂けました。

そんな感じで7月4日は焼酎の発見があった日と私の中で刻印されました。
あ、ちなみに韓国の独立記念日は8月15日だそうです。
日本にも一応あるはずなんですよね、GHQの占領下から解放された日が。
日本でその日を祝っている人達っているんでしょうかね。
posted by yasu at 11:54| ワシントンDC ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 思ってる・考えてる事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

Festival@Mall

本日、Holocaust Museumに行ったところ・・・、二階から上はチケット制となっていて(無料)、
そのチケットはすでにお昼前になくなってしまっていたらしく上に行けず・・・。
二階から上がどうやら肝心らしいんだよね。って意味ねぇ・・・。
重い腰を上げて行ってみるとこれだからなぁ。
Info Deskのねーちゃん曰く、tickets.comというところから事前に予約して、と・・・。
次回はそうします。しかし、今日は?まー、考えずに外でも散歩しますよ。
__________

メトロに乗ってSmithonian駅に向かう時に、駅構内の電子掲示板にて、
"You should notice the trains will be crowded on Independence Day ...."
"Tomorrow, Smithonian Station will be closed..."
と流れていたので、ひょっとしたら今日もNational Mallでなんかイベントやってるかなっと
思いそちらに足を向けると、


national_mall_festival.jpg national_mall_festival2.jpg

national_mall_festival3.jpg national_mall_festival4.jpg

やってました、フェスティバル。はっきり言って統一された主旨が感じられなかったけど。。

pizza.jpg

これはピザを生地から作ってるところを一般人と一緒に演出しているところ。

drums.jpg

drums2.jpg


路上にて、スーパーのカートやペンキ用のバケツ、工事中の際に使うコーンなどを使った
ドラム演奏。どこからともなくひたすら聞こえてきた音に吸い寄せられると、これがあった。
かなりあんなもので色々な種類の音が出せるんだなぁと感心。
__________

久しぶりに歩いて疲れた・・・。しかし、現金持ってないと何も買えないのは辛かったなぁ。。
カード社会とは言えお祭りの時は万国共通で現金必須ですね、やはり。

posted by yasu at 07:39| ワシントンDC ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 思ってる・考えてる事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

mini-moving

本日、隣の部屋に引っ越し完了。
ハウスメートのクリスが職場に近いFairfax郡に引越しを決意したため。
この部屋は昨日まで住んでいた俺の部屋の2倍以上はありベッドも窮屈なものからフルサイズ。
これで寝る時に手足を伸ばして寝れる・・・。本当にシングルベッドは駄目だ。。
寝る態勢が随分小さくなっていたからなぁ。。中身まで小さくなってしまう。。

明後日4日、独立記念日なんだけど、なんか花火とかやるのかな。気になる。
日本だと米軍基地では独立記念日にFire works(花火)をやるんだよね。
あ〜、今年の夏は日本で花火(青梅花火大会でもいいや)をゆっくり見たいなぁ。

試験が終わり、ここ三日間、何も考えずただただ文庫本を読んでる毎日。
本に耽る一日というのはかなり贅沢な一日の使い方だと分かってるだけに嬉しくて・・・。
明日からは一応計画を立てて毎日を過ごしていく予定でございます。
posted by yasu at 13:13| ワシントンDC ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 起こってる事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

Final 終了!

昨日、Washington Consortiumを通してGWUで受けていたMarketingのクラスも無事終了!
他専攻で、しかも夏の短期間という中かなりしんどいものがあったけど、自分の中では割と
新鮮で遣り甲斐のあるものだったかな。

Marketing Researchのクラスを通してProposalのFormat、統計的な仮説検証の仕方、SPSS
の使い方、CensusよりなぜSamplingが重要なのか。ビジネスに限らず色々なところで用いられる統計手法の基礎的なことを学べて、選択科目として取った授業としてはかなり良かった。
と同時にMBAのクラスってやっぱり社会人経験って大事だなぁとも思う結論に至ったけど。
__________

さてさて、久しぶりに勉強を休み、自分のことについて少しの間集中できそう。
就職活動、インターンシップ、10月のボストンキャリアフォーラム。
これから通年で募集している企業、機関に向けて徐々にコンタクトを取り始め、就職活動を
秋セメ中、春セメ中も継続できるよう地ならしをしていく予定だけど、もう少し自分の仕事像を明確にしていかないとなぁ。

留学に来る前に渋谷のPrinceton Reviewというところに行き、カウンセラーとよく相談し、ワークショップにもいくつか参加して「大学院の留学の意義」について散々考えさせられた。スパン毎に明確な目標を定め、最終目標から逆に下り、いついつまでに何をどの程度達成するのか、どの段階でどういったポジションにつくべきか、というのをパターン化する思考能力を徹底的に鍛えてきたけど、今の段階でもう一度、更に掘り下げてやる必要を感じているのが正直なところ。7月はしっかりと考える大切な月になりそうです。
__________

夏の日本への一時帰国の予定も大分はっきりとし、滞在期間もほぼ確定状態。
一年ぶりの日本。こんなに長期間海外に滞在したのは初めて。
前回ミシガン州立大学に留学した時は冬に一時帰国したし、それ程日本が恋しくなるわけで。
海外に長くいればいる程、日本に対する理解も深まり、日本人として意識し、日本人としての明確な意見を持つようになり、人種平等といってもそれぞれ異なる考え方の中でどうやって主張していくべきかの大切さを学び、そして同時に日本語と本物の日本食が恋しくなる。

「雄弁は銀、沈黙は金」という日本文化は好き。多くを語らず多くを理解する。
こんな美徳は他国で見ることはまずありえない。島国という特殊な環境で育んだこの文化は自分の体にしっかりと染み付いている。

酒を静かに友人と飲む。はしゃいで騒いで飲むのもいいけど、落ち着いた一杯は友情の度合いをはかるものかもしれないな、とも思う。(自分の場合)
posted by yasu at 03:23| ワシントンDC 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | Grad Course Work | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。