2004年10月29日

映画「Lost in Translation」鑑賞

lost   translation
先日、ルームメイトの強い要望もあって、BlockbasterでLost in Translationを借りてきてハウスメート達と鑑賞しました。Last Samuraiに続き、日本が舞台な映画は二つ目。気を使ってくれてるんでしょうか・・・。

この映画の主人公のボブ(ビル・マーレイ)なんですが、彼、実は先月鑑賞したThe Groundhog Dayの主人公でもあったんですよね。ジェフのお気に入りなんです。この映画、おそらく日本ではかなりマイナーな部類に入ると思いますが、この映画を観た後にLost in Translationを観ると、彼の演技の素晴らしさをよりいっそう理解できるかと。

【コメント】
私の中で今まで不動の地位にいたTrainspottingが脅かされています。別に舞台が東京だからってわけじゃないんですよね。撮影の仕方というか、もの凄く丁寧にコミカルに描ききっているところがとても素敵でした。ここにレビューを書いてもしょうがないので書きませんが、まだ観てない人は、日本に居る方なら映画館で見ることをお薦めします。アメリカにいるかたもDVD借りれますのでご安心を。それにしても音楽が絶妙にシーンにマッチしていてすぐにサントラを欲しくなりましたよ。。

【裏話】
映画の主な舞台、Park Hyatt。実は私、ここのビル(3つ繋がりになっている)のオフィスで1年以上働いておりました。今思うとですね、その時アメリカ本社から出張にきたManagerが泊まってたのってHyattだったー!と思うと、びっくりです。日本に帰ったらまず、お金の無駄遣いは承知で新宿Park Hyattに泊まろうかと。泊まらないまでもBarに行こうかと。

【Park Hyattまでの道のり】
■JR/京王/小田急/東京メトロ 新宿駅からの道順。
JR南口/京王・小田急南口をでて甲州街道20号を中野方面へ。
徒歩約10分程で着きます。朝の通勤時間帯はもっとかかるかもしれませんが。

■京王新線 初台駅からの道順
オペラシティ出口をでて新宿方面へ。
途中NTT東日本本社を通り過ぎ、徒歩約5分ほどでつきます。
posted by yasu at 11:25| ワシントンDC ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月28日

車のナンバー

以前ミシガンに留学した時は気付きもしませんでしたが、最近新たなことを発見しました。日本でも車のナンバーを自己申告すれば「品川330や 08−93」とか可能ですよね?アメリカはもっとすごいです。

お金をちょっと余分に払えば好きなように板のデザインも変えられるし数字と文字を変えられるんです。

普通、アメリカでは「Virginia(州) PCT-5609」っていう感じなんですね。そして色は無地の白。

ところが、

もしあなたが望むなら、

「Virginia MAC-FAN」とか「Maryland FU-CK(これはできるかどうか不明)」とかっていう風に変えれるんですよ。金さえ払えば好きなようにできる。さすが資本主義大国アメリカ。というか馬鹿。日本のごろあわせもどうかと思うんですけどね。

あとですね、よくこちらで見る、お問い合わせは「1-800-COMCAST」へ、とか見かけるんですが、これすごい便利ですよ。COMCAST=2662278、なんですね。お手持ちの携帯を見て下さい。日本もアメリカも数字のところにアルファベットありますよね?その文字があるところを叩いていけばいいんですよ。日本みたいに語呂合わせする必要なし。非常に覚えやすいですしね。
posted by yasu at 09:56| ワシントンDC ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 思ってる・考えてる事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月23日

Children @ Risk - In an era of globalization

今日は無料でディナーが食べれるということをハウスメートから聞きつけて、このカンファレンスに参加してきました。思いっきりつられてますけど。素晴らしいディナーでしたよ、サラダに前菜にメインにデザートにコーヒーに。

とまぁディナーを楽しんでいる間に、うちの学長Kingsle Haynesがいつの間にか喋っており、そしてゲストスピーカーが登場!

一人目は、Mr. Martin Rendon。肩書きはVice President for Public Policy and Advocary United States Fund for UNICEF。UNICEFについてひたすら熱く語り、資金が不十分であることをアピールし、Trick and Treatの箱について簡単に説明してくれたりもしました。

二人目は、Ms. Patricia Shannon。肩書きはPresident & CEO Boys & Girls Clubs of Greater Washington。ご自身がコロンビア出身ということもあり、幼少時代の経験を踏まえて、今世界でどれだけの子供達が1ドル以下の、そして教育が行き届いていない環境で、そして一日に何百万という子供達が亡くなっているという事実について熱く、熱くユーモアも時には含めながらの講演してくれました。

三人目は、Mr. Celestino Beltran。肩書きはChairman & CEO Comprehensive Technologies International Inc.。同じトーンでひたすら一人のヒスパニック系の女の子の体験談を話していたのであまり覚えておりません・・・。申し訳ないです。。集中力が限界に、そして眠さも限界に。。。

えー、UNICEF。身近な国際機関ですね。たったの1円が小さな子供の命を左右する、と聞くとやはり募金の大切さを身に染みて痛感いたしました。あなたの箪笥の奥底に眠っている服、Donateしませんか?まずは自分で積極的に動きましょう。別に体の一部をDonateするわけではありませんからね。“Affirmative Action"−あなたの考えを変えるかもしれません。
posted by yasu at 11:42| ワシントンDC ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | Grad Course Work | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月22日

おつかれMid-term

gmuやっとこさ終わりました。そしてipod miniのオーダーも完了しました!2週間以内。待ち遠しや。

PPTプレゼンなんですけど、来月の2週目辺りを目処に完成させろと教授から通達がきました。お題は日本で構わないと。むしろやってくれ、と。授業では日本は取り扱われてないんですよね。まぁそういうわけで、Current Issueを踏まえて日本について喋ることに変更しました。

昨日、授業が終わったあと、韓国人の韓国の大学から招待されてきたという教授のセミナー「Korean recession since Asian crisis - IMF crisis」を聞きにいきました。初めて韓国人の英語によるセミナーを聞いたんですけど、なんか、無理ですよあれ。よく自分は1時間半もちゃんと座っていれたな、と自分を自分で褒め称えたいですよ。経済状況を話してくれと頼まれているはずが、途中から「韓国がいかに素晴らしい単一民族でジンギスカン時代から日本侵略に至るまでの危機対応能力に優れているか」を必死に説明していました。

うぜぇ。二度と行かないでしょう。しかも身振り手振りも気持ち悪い。オーバーリアクションだし。貴重な体験をしたんだ、と自分に言い聞かせています。

どうでもいいんですけど・・・、
今週末は大家さんのルーキーの誕生日パーティーがあります。そして来週末にハウス名とのリリアンの誕生日パーティーがあります。先月はオリビエの誕生日パーティーがあり、自分はというと、8月だから過ぎちゃってるんですよね。悲しいような別にどーでもいいような。
posted by yasu at 03:38| ワシントンDC 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Grad Course Work | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月18日

ipod mini

ipod mini
近々、ipod miniの購入を考えております。
色はシルバーが濃厚。
裏面に自分の名前も彫ろうかな、と。
Mid-termが終わったらオーダーします。
posted by yasu at 04:17| ワシントンDC ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 思ってる・考えてる事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月14日

Mid-term Examいよいよ開始

ペーパー無制限って言われても、しんどいです。何枚書くのがノーマルなのか・・・。Book Reportとプレゼンもあるのでしばらく勉強に集中ですわ。
posted by yasu at 06:30| ワシントンDC ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Grad Course Work | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月11日

D.C. United Vs. New England Revolution

RFK Stadium
RFK Stadium

昨日、メジャーリーグサッカーの試合を始めて観てきました。一緒に観戦しに行った友人に聞いたんですが、このスタジアム、なんと'94年W杯アメリカ大会で使用されたグラウンドだったらしいです。大きさからして決勝はやってないと思いますが。いちおう、FIFAのHPやらいろいろGoogleでも調べてはみたんですが、どの試合が行われたかまでは分からず。

内容はですね、消化試合ってのもあったんでしょうがけど、プロの試合とは思えないぐらいの内容でした・・・。でも生で観戦するっていうのはやっぱりいいものですねぇ。日本でもJリーグを毛嫌いせずに観に行こうかなぁ。でも特定のチームを応援する気になれないんです、Jリーグだと・・・。どうしてだろう。
posted by yasu at 01:46| ワシントンDC ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 思ってる・考えてる事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月10日

約2年ぶりのフルコートサッカー

昨日、サッカーをやりました。わくわくしてました。今筋肉痛です。どーしたものか…。

一緒にプレーした方なんですが、国籍は多種多様でヨーロッパからアフリカ、ラティーノ、そして日本人。また、チームは医者対弁護士で、私は弁護士側チームでプレーしました。

なめてました。スパイク持ってたのに、まぁ履かなくてもいいだろ、って。スリッピーなグラウンドだったのでおかげで滑りまくりました。

毎週金曜日やってるそうなので(ただもう寒くなるので11月中旬には終了してしまうとか)今度はスパイクを履いて参加してきます。
posted by yasu at 00:40| ワシントンDC 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 思ってる・考えてる事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月08日

EUについて最近学んでおります

皆さん、ご存知ですか?トルコがEU(現在25カ国)と間もなく加盟交渉に入るのを。

■参考リンク■
Economist.com
EU-トルコの加盟を楽観
トルコの加盟はEUを破壊

そもそもEUの統一ってこういう方向性じゃなかったような気がします。通貨が1999年にEUROに統一された後も、さまざまな問題を抱えたままです。Shengen Zone(パスポートなしでEURO圏を行き来できる加盟国。イギリスは条約にサインしていません。)、EMUに加盟しない国々。そして今まさに、明らかに文化背景も異なるトルコをEurolandに入れようとしているのが本当に疑問です。そうなればもう、EURO圏と言う言葉はもう「EURO」を指さなくなり、単純に自由貿易圏になるだけですよね。トルコが加盟した場合、ロシア、シリア、イラン、イラクの加盟申請を断る理由が消滅することになぜ議論がもっと起きないのか。サッカーでもご存知のように、明らかにイラン、イラクはアジア圏で文化背景もモスリムですからEUROとはなんの関連性もないにも関わらず、こういった国々が今後EUROにアプローチする可能性を高めてしまってるんです。

さて、私のプレゼンのテーマなんですが、どうやら一つの国に焦点を当ててやらないと10分から15分の間で終わらないということらしいので、内容を変更します。ずばり、テーマは「日本」。そして授業内容に沿うように「1998年のアジア通貨危機が日本経済にどういう影響を及ぼしたのか。−日本経済のアジアにおける地位の確立に向けて−」こんな青写真で行きたいと思っております。
posted by yasu at 04:56| ワシントンDC ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | Grad Course Work | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月06日

Career Job & Internship Fair on Campus

10月5日、6日とGMUのキャンパス内で合計116社の企業が集まって、大きなジョブフェアが開催されています。留学生ならボストンキャリアフォーラムとか聞きなれてると思うけど、そんな類のものです。まぁこちらのジョブフェアではインタビューまで進むことはないですけど、いろいろな企業と生に触れ合うことのできる貴重な経験でした。

準備はほとんどしていなかったものの、日本から母親にスーツとネクタイ、革靴を郵送してもらい、ジョブフェアに臨むことができたのです。事前にWebでどういう企業が来るのかをもう少し把握していれば、うろうろせずにすんだんですけどね。。。

日本ですらまともに就職活動というものをしたことのない人間ですので、今回はほとんど睡眠をとれず(久しぶりの緊張)、ジョブフェアにいきましたよ。

ジョブフェアにあたり、注意事項、というような紙を見つけました。
Before the fair, prepare your:
*Introduction (conversation starter)
*Personal pitch (qualifications & accomplishment)
*Questions relevant to interests, job, employer
*Follow up and closing

まるでペーパーを書く前のブレインストーミングとアウトライン作成ですね。

Introduction: who you are, purpose, position desired.
1)Greeting: Hello, I'm ______.
2)Acknowledge Employer: I am pleased to meet you, Ms/Mr/ (repeat employer's name).
*Thanks for participating in this event.
*I was pleased to see that you would be here.
*I am majoring in ____, and am looking into ____.
*I came to the fair to learn more about ____.

Personal Pitch: your qualifications, strengths & accomplishments relevant to position you desire. Include:
1)What you hope to learn or accomplish in internship
2)Educational background (e.g., year in school, major, minor, relevant course work/projects, GPA).
3)Related experience - paid(stipend) or unpaid. Give an example of an accomplishment illustrating relevant skills/strengths.
4)Strengths - the knowledge, skills, personal traits you will bring to job.

Questions: Ask questions that will obtain information needed to connect your background, interests, and goals.
1)Does your organization offer oppotunities for someone with my skills and interests? What would the work entail, for example, types of assingments?
2)How many interns do you expect to hire? Are interns paid?

Follow Up & Closing
1)Express interest: I'd like to be considered for____.
2)Ask about follow-up and hiring process:
What would you suggest as the next step?
How do your prefer to be contacted?
When might I hear about an interview?

3)Obtain business card
4)If not hiring persons with your background at this time, ask about the best way to learn about position in the future and/or others in organization to contact.
5)Close: Thank you for answering my questions, and I will follow up as you suggested.

Other Tips:
*Make eye contact, smile, shake hands firmly
*Speak clearly and loudly enough to be heard
*Demonstrate interest and confidence
*Attend to personal hygiene; use breath mints

上記のようなことが書かれておりました。やっぱり事前にどういうことを質問するか、自分が何を知りたいのかを明確にしておくといいですね。「インターンをしたい。」じゃあどういうタイプのインターンで、留学生(F-1, H-1などいろいろ規制がある)でもインターン採用は考えているのか、給料があるのかないのか等、突っ込んで質問すると話が発展していくと思います。

さて、自分はというと、今日はほとんど収穫なし・・・。だったんですが、一社だけ、自分が希望しているBusiness Consulting Firmの人事の人と打ち解け、アメリカ本社でのインターン採用は法律でも規制されているように基本的にアメリカ人優先なので日本支社にこれからしばらく問い合わせをしてくれることになりました。Keep in touch.大切ですね、これは。

まぁ、まだこれだけ、と決まったわけではありませんし、夏までにはある程度余裕もあるので、じっくりと探して有意義な実りあるインターンをしたいと思います。

posted by yasu at 12:34| ワシントンDC ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月01日

便利なサイトです。

【とっても便利なサイトたち】
アメリカ生活ドットネット【日本語】
 〓こちらに住んでいる日本人には非常に便利なサイト〓
アメリカ留学ドットネット【日本語】
 〓上のサイトの姉妹サイトです。留学前の人は一読すると良いと思います〓
US Life Handbook【日本語・英語】
 〓PC関連に関すること、英語版のPCを日本語表示させるには等、詳細が載っています〓
@ワシントンDC便利手帳【日本語】
 〓Google検索すると必ずこれがでてきます。便利かどうかは別としてさらっと読んでもいいかと〓
D.C. Metro【英語】
 〓D.C.エリアのメトロ(電車とバス)の公式ホームページ。時刻表は駅にはないので事前に調べたい人はこのサイトで調べるといいと思います〓
ワシントンD.C.エリアの天気予報【中途半端な日本語・英語】
 〓D.C.エリアに住んでいる方には便利な天気予報サイト〓
【銀行】
United Bank Virginia Branch Office【英語】
 〓D.C.エリアにはうんざりするほどたくさんあります〓
Bank of America【英語】
 〓こちらの銀行はより有名な銀行金融機関のランキングはCitibankに次上位にいます。〓
Citi Bank Japan【日本語】
 〓口座開設料と維持費がかかりますが、やっぱり便利な銀行ですね〓
【インターネット】
Comcast【英語】
 〓ケーブル会社のインターネット。まずは自分のエリアのサービス状況をチェック〓
Verizon【英語】
 〓アメリカ最大手の電話会社であり、DSLインターネットサービスを提供している会社。まずは自分のゲットした電話番号がネット接続可能地域かチェック〓
【賃貸】
Craigslist
〓D.C.にてお部屋探しはこちらのサイトが便利です。Room Wanted, Sublease, Sublet Post可〓
posted by yasu at 07:13| ワシントンDC ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | D.C.便利サイト集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いよいよプレゼンが始まりました・・・

いよいよプレゼンがスタートしてしまいました。。。
現段階では教授が順番を割り振るのではなく、各自の選択したトピックの箇所が授業のSessionに沿っていればその授業中にやる、というようなスタイルをとっていて、且つ、ボランティア精神のある人が始めにやる、という形です。こないだはチェチェンとロシアの国際関係と今後の改善に関する展望のプレゼンを素晴らしいPowerPointとともにしてくれましたよ…。すっごい凝ってるんですよ、これがまた。っていうか、あのプレゼン、あんまり面白くなかったんです。というのは、なんかチェチェンの歴史について、大統領がどっち派だったとか、人口を統計的に説明するとか、なんか本とかから引っ張り出せばそんなの分かるようなことしか喋らなかったからなんですよね。

以前、中大に在籍中に、「原風景」についてプレゼンをしたことがあるんですが、イントロはさらっと、そして後は自分の意見と専門家の意見を自分なりに分析した結果を発表しました。他の学生、というか教授も含めて、知りたいのはその人個人の考え方や意見であって、本で調べれば分かるような内容じゃないんですよね…。

まー、一概にそんなことは言えないんですけど。最後の方でちょろっと彼女なりの意見を述べてたような気がするし。また自分が聞き取れてなかっただけかもしれないし。そして自分には10分間にあんなひたすら早いスピードで喋ることなんて不可能ですしね。というか、思いっきりプレゼンをした彼女は自分の書いてきたスクリプト読みながら話してたんですけど。アメリカ人ってもっとこう、場慣れしているものだとばかり思っていただけにびっくりでした。

自分は、「1997年のアジア通貨危機と1994年のメキシコ通貨危機に対するIMFの処方箋の違い」、についていっぱしに論じてみようかと思っています。ちなみにアジア危機を取り扱うSessionはだいぶ後の方なので、希望的観測ですが、まだ当面は自分の番は回ってこないものかと。
posted by yasu at 06:28| ワシントンDC ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Grad Course Work | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。